マニアック情報

TOEICの点数の上げ方 その5. モチベーションの保ち方 後半

Shiho

今回は5.モチベーションの保ち方の後半です。

  1. 目標、目的
  2. スケジュールの立て方   
  3. 600点以下の方向けおススメ勉強方法 
  4. 600点以上の方  860点目指す方おススメ勉強方法
  5. モチベーションの保ち方  前半と後半に分けます。⇦ここ

もし、「英語やる気が出ないなあ。。」
「疲れてるし、今日はもういいかな。。」と思ったら 後半


では後半のリストを以下に書きますね。

6)自分に質問をする

パターン1
『今、英語をやらなければ、どんな将来が待っているだろうか?
6ヶ月後は?1年後は?5年後は?10年後は?』
…暗い未来をありありと想像する。

パターン2
『今、英語を勉強することで、どんな明るい未来が開けるだろうか?
6ヶ月後は?1年後は?
5年後は?10年後は?』
…明るい未来をありありと想像する。
ビジュアリゼーションですね。

7)報告する

public commitmentという言葉をご存知ですか?
直訳すると公衆の面前でコミットメント、
つまり○○をします、と約束する、というものです。

自分の中だけの約束、ではなくて
第三者を巻き込むと、約束事は達成されやすいものです。

なので、コーチや友人や家族に、毎日の勉強状況を報告する。
可能であれば、きちんとできたときには
褒めてもらうとモチベーションが続きやすくなります。
ブログやFBで、毎日学習の進捗を報告する、という方法もあります。

8)ご褒美

勉強ができた日に、自分に小さいご褒美を与える、というのも手です。
新しい習慣は30日間で作られる、といいます。
と、いうことは30日続けば、その後は自動的に習慣になるのです。

ご褒美はその最初の30日間を継続させるためのものです。
ご褒美、と言っても別に大きなものでなくても構いません。

文房具でもチョコレートでも何でもいいので
バラエティに富んだものを28個用意して、
すべて包装・ラッピングして、勉強できたら一つ、
ご褒美としてもらうようにすればいいのです。

ラッピングは、プレゼント・驚きの要素を
入れるという意味でとても重要です。

9)トリガーを作る

トリガーとは、『引き金』という意味です。
たとえば、電話が鳴ったら電話をとりますよね?
それは電話の音が電話をとる、
という行為の『引き金』となっているからです。

同様に、目覚ましが鳴ったら起きますよね?
それは目覚ましの音が、起きる、
という行為の『引き金』となっているからです。

英語の学習が習慣になっていない人は
この『引き金』が定まっていないので
『いつ』勉強するべきか、
わかっていないことが多いわけです。

加えて、習慣、というのは
スケジュールに入れないと習慣になりません。

あなたがお持ちの習慣…
たとえば朝、歯を磨くことにしても
たぶん、起きてからすぐ磨く、とか、
朝ご飯を食べてから磨く、とか
家を出る前に磨く、とか、
いつ磨くのかがスケジュールに組み込まれていませんか?

英語の勉強も同様に『いつやるのか』を明確にして
『トリガー』を設定することで、
ぐっとやりやすくなります。
いかがだったでしょうか?

途中で『それはやってみた、でもうまくいかなった』と思った方、
ポイントは状態が変わる、
つまりやる気になる『まで』やるということです。

一つの方法でうまくいかなかったら方法を変える。
やる気になる『まで』やる、ということ
を頭においておいてください。

Shiho

9つのヒントを上手く活かしていきましょう!

お読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Shiho
6歳と9歳の子を持つ2児の母。 帰国子女でもなく、留学経験もないが、英語好きが高じてTOEICで950点(リスニング満点)を取得する。企業内TOEIC講師及び発音研修講師の経験あり。 日々楽しい!わかる!を引き出せる英語教育法を考え、学び、実践中。

LINE公式ご案内

新しい講座や募集のお知らせ等もいち早くお届けします!

https://lin.ee/gSCaSeQをチェックしてくださいね。