マニアック情報

自分に最適な”情報処理術”知っている?

試験対策だけでなく、
情報処理は日常的にし続けている毎日。

ここ数年で”認知特性”やNLPの”VAK(代表システム)”に出会いました。

人はそれぞれ、自分にあった体感覚を使って情報処理をしています。

自分はどのタイプかご存知ですか?

認知特性で解説しましょう。

引用サイト 認知特性で子供が伸びる! 2021/07/05 6:50現在


人は物事を理解、整理、記憶、表現する際に、
それぞれ優位に働く認知パターンがあります。
これが『
認知特性』で、子どもは3タイプに分類できます。
見たものをカメラのようにクリアに映像化できる『
視覚優位タイプ』、
話したり読んだりするのが得意な『
言語優位タイプ』、
メロディやフレーズを一度で覚える『
聴覚優位タイプ』で、
いずれも生まれ持った特性と言えます」

視覚優位
言語優位
聴覚優位

自分は何タイプでしょうか?

小児科医である本田真美先生のサイトで自分(大人)もチェックできますよ。
認知特性テスト
(エクセルが必要です。10分程度かかります。)

どのタイプでしたか?

このタイプは絶対ではありませんが、自分のタイプを知ることで
自分の情報処理の特性がわかると思います。

私は視覚タイプ及び言語タイプで、視覚&言語情報があると理解が助かるタイプ。

この認知特性をより知りたい方にはこちらの書籍がおすすめです!!

Shiho

次回以降、このタイプ別のインプット術(特に英語の単語について)を
詳しく書いていきますね。

お読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Shiho
6歳と9歳の子を持つ2児の母。 帰国子女でもなく、留学経験もないが、英語好きが高じてTOEICで950点(リスニング満点)を取得する。企業内TOEIC講師及び発音研修講師の経験あり。 日々楽しい!わかる!を引き出せる英語教育法を考え、学び、実践中。

LINE公式ご案内

新しい講座や募集のお知らせ等もいち早くお届けします!

https://lin.ee/gSCaSeQをチェックしてくださいね。