私の日常/学び/子育て

北海道に3泊4日の留学に行ってきました! 1/2

北海道、20年ぶりくらいに行ってまいりました。

大学の時に合宿で一回。初めての飛行機、かつ日高地方の浦河町。
社会人になって3度。札幌2回と函館。いずれも出張です。

今までゆっくりと観光ということはほぼ無かったので、今回は家族4人で十勝(帯広)と札幌に行ってまいりました。

結論的に申し上げると、北海道って日本の本州とは違うエネルギーや自然体系だなと。
景色がヨーロッパ的でありました。

六花の森(六花亭が所有する森)

なぜ十勝(帯広)へ?

それはここ2年子供がオンラインでお世話になっているインターナショナルプリスクールLearn-a-lotのSummer Schoolに参加するためでした。

ずっとオンラインでお世話になっており、ずっと十勝行ってみたいわ〜と
言いながら行けてなかったことと、お世話になっているコースの先生が
アメリカに帰るというタイミングがたまたま重なりました。

Learn-a-lotのファウンダーである的場衣織さんにはそのまた数年前からお世話に
なっており、これまた2年前の2020年11月には西宮でお話し会を開催していただきました!「英語子育てセミナー」

当時2020/11のお話会の様子。

移動と十勝川温泉

8/7当日、(前日に広島旅行から帰ってきたばかり)
朝に車で神戸空港に移動し、9時台のスカイマークに乗って札幌千歳空港へ。

札幌から帯広(赤の地点)

十勝への移動距離について、実感が無かったんですが、札幌から特急で約2時間。
旅行会社の人には「大阪から名古屋くらいの距離です。」とのこと。
実際には、千歳空港から乗り換えもあり、3時間くらいかかりました。

☆いきなり私から一言アドバイス。
空港についてお昼を挟んで北海道を移動する場合、
特急おおぞら内でお弁当販売はありませんでした。
空港でお昼ご飯を買った方が良いです!!

特急おおぞら
車窓から 山が見えず広い土地と木々 なんかドイツみたい

この特急内でやっちまいました。
私のスマホの契約でデータ通信が2Gなのですが、
この特急内で宝塚の千秋楽LIVEを
見ていたら2G使い切ったという話です。

これを見てたら、通信が劇遅になりました。

そんなこんなで、帯広駅につきました。
やっぱり涼しい〜〜。ここも勝手にヨーロッパポイント

Learn-a-lotさんは駅から徒歩圏内です。
が、泊まるのならば温泉がいいなあと車で20分くらいの場所の
十勝川温泉に宿を取りました。

帯広駅の写真はありませんが、
道幅広くて、人が少なくて建物が立派でまたもや勝手にヨーロッパ感。

北海道の十勝といえば、酪農で有名ですよね。
十勝地方は、北海道の道東にあるいくつもの市や町が連なる地方の
ことなんです。十勝とか帯広がごっちゃになってました。

十勝のまち – 北海道十勝総合振興局のホームページ(2022/08/31時点) より

レンタカーを帯広駅で借りまして、十勝川温泉へ。
モール温泉という温泉が最高でした。娘と1時間以上なんだかんだと入ってました。。。

イメージ画像 http://www.tokachigawa.net/about/(2022/8/31時点)より拝借

「モール温泉」は泥炭(亜炭)などに由来する腐植物(フミン質)を含むアルカリ性の温泉のことで、モール浴に似た効果が期待されることに由来します。

http://www.tokachigawa.net/about/ (2022/8/31現在)

念願のサマースクール 〜大人は十勝の森(ガーデン)〜

十勝川温泉で一泊した次の日、子供たちは念願のサマースクールへ。
車で向かう途中、コンビニに寄りました。
北海道のコンビニといえば、”Seicomart”.ということで?!行ってみました。

道もまっすぐーーーー!(気になるのはこの矢印マーク)
Learn-a-lotの建物 

子供達はこちらで4時間英語づけで沢山学んでもらいました!

大人二人は、六花亭の運営する森”六花の森”へ。
六花亭も大好きだし、森もとっても綺麗そうだし、六花亭のカフェも併設しているし!
ということでこちらに行きました。車で30分。
ここから写真祭りです。

入り口
森を歩けます。人も程よい感じにしかいない。最高。
小川も流れています。

森があるだけでなく、六花亭の包装紙をデザインした坂本直行氏の
絵のデッサン館であったり、記念館などもあり、素敵でした。

坂本 直行(さかもと なおゆき、1906年(明治39年)7月26日 – 1982年(昭和57年)5月2日)は、北海道出身の画家。北海道開拓民。郷士坂本家8代当主。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E7%9B%B4%E8%A1%8C (2022/8/31現在)
六花亭カフェ 六カフェの建物
六花亭カフェ 六カフェの建物

カフェでお茶して、その後六花亭が所有して運営しているアートビレッジへ。
ここへも車で10分程度でいけます。企業の地元への還元事業としてもすばらしい。

アートヴィレッジへの途中。この木の様子とかヨーロッパの穀倉地帯ぽい。

アートヴィレッジには著名な方々の作品館や美術館がありました。
安西水丸さんとか、小泉淳作さんとか。

レストランポロシリ レストランもありました。
森の中に佇む
美術館の中からも森が見える。

ぼーっと過ごせる空間で、あっという間に時間が過ぎて、お迎えの時間に!

六花亭=美味しいお菓子 のイメージしかありませんでしたが、
今後も積極的にいただいて楽しんでいこうと思いました。
六花亭万歳!wwww

オンラインでお世話になったStephen先生にやっと会えました。
ランチも一緒に過ごせて、いろんなクラフトや勉強もできて楽しかったそう。

大人は十勝の自然を満喫し、子供は英語の世界で学ぶ濃厚な時間でした。
本当、来て良かったわ〜。
Learn-a-lotさんの”十勝の子ども達をグローバル人材に”という社是がぐっとくる。
素晴らしいチャンスを提供されているなと実感しました。

慌ただしく札幌へ

その日のうちに札幌へ移動。
レンタカーを返し、帯広駅を少しぶらぶらしただけで移動でした。

特急も帰りの方が早く感じるのはなぜ??

夜は札幌の郊外にあるシャトレーゼガトーキングダムへ。
子どもがたっぷり楽しめる施設なのですが着いたのは20時半過ぎ。
お風呂に入って寝ました。。

札幌の旅についてはまた次回。

ABOUT ME
Shiho
6歳と9歳の子を持つ2児の母。 帰国子女でもなく、留学経験もないが、英語好きが高じてTOEICで950点(リスニング満点)を取得する。企業内TOEIC講師及び発音研修講師の経験あり。 日々楽しい!わかる!を引き出せる英語教育法を考え、学び、実践中。

LINE公式ご案内

新しい講座や募集のお知らせ等もいち早くお届けします!

https://lin.ee/gSCaSeQをチェックしてくださいね。