発音・リズム・フォニックス

英語の発音でrやthよりも大切なこと

英語の発音と聞いてどんなことを考えますか?

rの発音ができるとか、thの発音ができるとか。そんなイメージ

そうですよね。
発音といえば、音ひとつひとつ口の使い方のイメージ。

ですが、




私が発音を習って先生から何度も注意されたのは、、


息の量!!

息の量が英語は日本語より3倍から5倍必要です!!

息がそのくらい必要ということは、
息を吸うときにも息の量が必要です。

こちらの英語喉の本にも、このような話が書いてあります。

英語においては、息を吸う時の音も、意外な意味を持ちます。

「これから喋りますよ」とか「まだ話が終わっていませんよ」を意味します。

ネイティブもあなたが吸い込む音を聞けば、何か言いたがっているということを知り、あなたの方を向くでしょう。

p28 「英語喉 50のメソッド」上川一秋・ジーナジョージ 著

息が会話中にも重要であることがわかりますよね。

Shiho

発音にまつわる面白い話、これからもどんどん書いていきます!

お読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Shiho
6歳と9歳の子を持つ2児の母。 帰国子女でもなく、留学経験もないが、英語好きが高じてTOEICで950点(リスニング満点)を取得する。企業内TOEIC講師及び発音研修講師の経験あり。 日々楽しい!わかる!を引き出せる英語教育法を考え、学び、実践中。

LINE公式ご案内

新しい講座や募集のお知らせ等もいち早くお届けします!

https://lin.ee/gSCaSeQをチェックしてくださいね。