発音・リズム・フォニックス

英語の発音には○○も大切!

先日、息の量が英語と日本語で全然違うのです!と書きました。

息の量は意識しないと出ないね。

息の量はもちろんですが、
今回お話ししたいのは、

体のモードも違います!!

体のモードってなに?

Shiho

体の意識すべき状態のことです。

生徒さんによくお伝えしているのですが、

英語を話すときは

  • 体をリラックス
  • 喉を開く (喉に意識)
  • 腹式呼吸

こんなイメージですよ。


逆に、日本語は、

  • 口先からの発声
  • 胸式呼吸

なんですね、真逆です。
この真逆の状態が無意識的に普段である日本語。

Shiho

英語を話す時は、意識して日本語のモードから英語のモードにガラッと変えて息を沢山吸って話し出しましょう!!

あら不思議、これだけでも英語っぽい話方になります!!

お読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Shiho
6歳と9歳の子を持つ2児の母。 帰国子女でもなく、留学経験もないが、英語好きが高じてTOEICで950点(リスニング満点)を取得する。企業内TOEIC講師及び発音研修講師の経験あり。 日々楽しい!わかる!を引き出せる英語教育法を考え、学び、実践中。

LINE公式ご案内

新しい講座や募集のお知らせ等もいち早くお届けします!

https://lin.ee/gSCaSeQをチェックしてくださいね。