発音・リズム・フォニックス

大人20名にオンライン研修で発音講座を行った結果、、、わかったこと3つ!

私にとって今年最大の仕事をやり遂げました。

(パチパチ)誰も褒めてくれないので自画自賛www

9月某日、2日にわたって2.5時間✖️2回(計5時間)のオンライン研修をさせていただきました。

その名も「発音に基づいた英語リスニング向上プログラム」発音を学ぶとリスニングに直結するよ〜。楽しいよ〜という研修です。(ざっくり)

↑自宅感満載ですね。(特に後ろの日本地図)


参加者は”20名の大人(ビジネスマン)”という私にとってはチャレンジでしたので、用意は万全に行いました。

今年3月に開催決定しましたので実施する9月までに、自分自信の発音に関するスキルも磨いて(発音指導法も学び、発音矯正にも通いました)、ビジネスマンに必要なリスニング力を鍛える方法を考え抜いてご提供しました。

事前に2名の方にも講座を受けてもらってご意見いただき、講座をブラッシュアップしました〜。

気になるご感想は?

当初の研修の目的を達成した方95%!人に勧めるという方95%!

  • 非常に楽しく、実技もあり大変わかりやすい!
  • 講師が明るい方で2日間集中できた!
  • 資料も見やすく内容に説得力があった!
  • 発音記号をもっと知りたかった。
  • 英会話も先生から習いたいなと思った。
  • モヤモヤしていたことが晴れた。
  • 発音がリスニングに効く理由と対処法がわかった。

などなど多くのポジティブなご感想いただきました!

今回、研修をさせていただいて自分が本当に楽しかったので、もうそれだけで良かったのですが、3つほど実感したこと&わかったことがあるので共有しますね。

1.大人の世代(30歳以上)は発音を習ったことがほぼ無いという現実

データとしても発音を習ったことがある方は日本の中で3%と言われています。

今回、参加して下さった方は、普段から英語をお使いの方多数でした。英語に対する意識も高いし、必要もある方々でしたのに、発音を習ったことはほぼ皆無(だからこその受講ですが)。発音に対する意識はあるけど、習う機会がなかったということです。

今の子供世代はどうなのでしょうか。私たち大人の世代よりは、コミュニケーション重視ということで、発音など音にフォーカスした授業も多少多いのかもしれません。

知らないことを知る楽しさも存分に楽しんでいただけたようです。私も、英語のリズムや英語の呼吸、英語の音、英語の変化(←全部講座に入れ込みました)知った時、知る楽しみに浸ったものです。

発音を習う機会が少ない=教えるチャンスは多い!ということです。

2.発音は自分の体を動かし、どんどん自分で発する必要があるので楽しい。

今回は、お昼明けの午後2時間半でした。大人にとっては魔の時間では?
ですので、受け身にならずにどんどん体を動かして英語モードになっていただき、自分で変化を起こしていただきたく、顔出しで、沢山のワークをやっていただきました。

発音ですので、発声して頂かないといけません。呼吸についても、英語は日本語の5倍です!とうるさく言いました。ですので、一部の方からは「英語は体力が必要ですね。。」とのお声も。

発音は黙って受け身では何も変わらないので、やって動いていただくことで、楽しい〜と思っていただけたようです。

音読の練習も少ししたのですが、音読も沢山行うとゾーンに入ると言われています。また脳にも良いと言われていて、公文などの企業でも認知症予防プログラムには音読を取り入れているほどです。

公文の「くもん学習療法」については、こちら。(https://helpmanjapan.com/article/23712021/09/18 19:00現在)

話がそれましたが、発音は体を動かし体感してもらうことで得られる楽しさを感じでもらいやすいとわかりました。

3.発音は知識を得るだけではだめ。その後のフォローも必要である。

発音だけでなく、英語自体がそうですが、知識を得た後は体に落とし込むために練習が必要です。今回、受けて下さった方も発音は「実践」重視ですね!とわかっていただけたようですし、ご感想でも同様のことを書いてくださいました。

学習には学習曲線というのがあります。右肩一直線上がりではない、初めは苦しい平な坂。一定以上の継続実施があって初めて上向きになります。
わかりやすい図が見られるのはこちら。(https://www.seisekiup.net/magazine/curve/ 2021/9/18 19:00時点)

ダイエットも同じですよね。すぐ効果がわからない。だから続きにくい。

ですので、一度の研修やレッスンの後に、必ずフォローが必要だよな、と実感いたしました。ご感想でも、「一定の期間の後に再度フォローアップが欲しい」といただきました。

今まで何十年と染み付いた日本語の体に英語の話し方を上書きする(もしくはシフトチェンジしやすくする)のは並大抵ではありません。コツコツ、練習が必要なので、それに伴奏するパートナー(コーチ的役割)も必要であると認識いたしました。

おさらいするとですね、、、

○発音はニーズが高い!
○発音は体を動かして体得するので、楽しいと感じられる。
○発音学習には一定のフォローが必要である。

そして、私の気持ちとして固まったこととして、、、

発音をもっと大人にお伝えしたい!という気持ちが固まりました。

ぜひ、まずは発音を勉強をしたい大人の方、そしてどんな風に勉強したらいいかわからない方、こちらの大人コンサルで勉強の仕方を聞いてみませんか?提示するだけでなくフォローアップするコースもご用意しております。↓


また、今英語を講師としてお伝えしている方、ご自分の発音指導法を磨きませんか?
詳細はこちら↓

お読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Shiho
6歳と9歳の子を持つ2児の母。 帰国子女でもなく、留学経験もないが、英語好きが高じてTOEICで950点(リスニング満点)を取得する。企業内TOEIC講師及び発音研修講師の経験あり。 日々楽しい!わかる!を引き出せる英語教育法を考え、学び、実践中。

LINE公式ご案内

新しい講座や募集のお知らせ等もいち早くお届けします!

https://lin.ee/gSCaSeQをチェックしてくださいね。